紳士用の雨の日の草履

今回は紳士用の雨の日のお草履を
ご紹介させて頂きます。

 

紳士用の商品でのお問い合わせは
珍しいのですが、最近多くお問い合わせを
頂きますので、ブログでもご案内させて頂きます。

 

紳士用の草履というと雪駄のような
畳表のタイプが人気です。
履いた感触も良いですし、粋な感じが素敵ですよね。

 

しかし雪駄は、天然の竹の皮を手編みで
編み上げた物なので水分には弱い履物です。
出来れば雨の日は避けて頂きたいです。
(※もちろん濡れてしまってもお手入れを
して頂ければ大丈夫です。お手入れ方法は
またこのブログでご案内しますね。)

 

そんな雨の日や雨が降りそうな時
おすすめなのは

紳士用晴雨兼用草履

 

です。

 

 

婦人用と同じく、
晴れの日はもちろん、雨の日も
お使いいただけます。

 

 

この草履は一見は普通の草履と変わりません。
普通のお草履と違う部分は裏面です。

 

 

草履の裏がゴム仕立てになっております。
これによって雨水を吸い上げにくくなっているのです。

 

普通の紳士用の草履は花緒を挿げる為の
切込みがつま先部分と土踏まずのあたりに入っております。
濡れたところを歩くとその切れ目から
水分を吸い上げてしまいます。

 

雪駄は竹の皮を編んだ物ですし
普通のエナメル皮の紳士用草履も中身はコルクで出来ています。
花緒の芯は麻やナイロン麻で出来ています。
これらは水に濡れると傷みは早くなりますし、
お手入れも手間がかかります。

 

一番の敵は湿気によるカビの発生です。
カビが草履の表面に発生してしまうと、
内部の芯にもついてしまっており
それを全て取り除く事はかなり難しいです。
ですので、予防が大切となってきます。

 

この晴雨兼用草履は裏側の切れ込みの上からさらにゴムをあてて
水が直接切れ込みに触れないようにしてあります。
また普通のお草履に使われている底材、クローム底よりゴム底は
水分をはじき染み込みにくいのです。

 

これによって水分が草履に入りにくく、万一急な雨に降られても
普通の草履より中が濡れません。その結果傷みにくくお手入れも簡単になります。

 

裏のゴム底には凹凸があり、ゴムの効果とあわさって
滑りにくくなっております。
雨の日は、濡れたところを歩くと怖いときがあります。
特に雪駄は裏面が象皮という皮を使っている事が多く
現代の道路事情だと濡れていない場所でも滑りやすい時があります。
そんな時にこのお草履だと滑りにくく普通のお草履より
安心してお履き頂けます。

 

 

 

見た目は普通のお草履と変わらないので
雨がやんでも違和感なくお使いいただけます。

 

お客様によっては晴雨兼用草履の底面のゴムが普通のクローム底より
クッションが良くすべりにくいので履きやすいとおっしゃる方も

いらっしゃいます。
もちろん、花緒もしっかりと履きやすく調整させて頂きます。

 

 

雨の日だけで無く床が濡れやすい水場でのお仕事の時にもとても便利な
お草履晴雨兼用草履。

色やサイズもお好みでお仕立て可能です。

紳士用で雨の日対策をお探しの方はぜひ一度お使いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先
ぜん屋 本店 03-3571-3468

 

 

80周年記念 新作草履

先日ご案内させて頂きましたが、
10月5日より本店で創業80周年感謝祭を
開催しています。

 

この感謝祭で80周年記念のモデルとして
ご用意させて頂いたお草履を紹介します。

80周年記念新作草履
礼装用 祝い履

 

 

礼装にお履き頂けるとても美しい草履を作りました。

 


弊社の得意な細かい重ねを使い
地模様が入った皮でお仕立てしました。
重ねの間に入れたペラと呼ばれる皮が
アクセントになり細かい重ねが際立ちます。

 

 

草履の高さも少し高めにして
スッキリとした着姿をイメージしています。
下の段には光沢のある皮を使い
華やかに足元が光ります。

 


この地模様では金銀の2色をお作りしましたが
どちらも上品で華やかに出来上がり
留袖からご訪問着までお着物と合わせやすい
礼装用としては最高級の逸品です。

 

 

ご結婚式やパーティー等お祝いの席におすすめできる一足になりましたので
ぜひ御覧頂ください。

 

 

お問い合わせ先
ぜん屋 本店 03-3571-3468
80周年記念新作草履 礼装用 祝い履
70000円(税別)

人気商品 晴雨兼用の草履

かなり暑い日が続いています。
東京では40度を超えたそうですね。
気温で40度を超えると照り返し等もあり体感は45度を超える
可能性があるそうです。
水分補給や涼しいところで休養をしっかりとって
充分に気を付けて下さいね。
今日は弊社の人気商品を改めてご紹介させて頂きます。

 

 

晴れの日はもちろん雨の日も活躍する

晴雨兼用草履

のご紹介です。

 

この草履は一見は普通の草履と変わりません。
普通のお草履と違う部分は裏面です。

 

 

草履の裏がゴム仕立てになっております。

これによって雨水を吸い上げにくくなっているのです。
普通のお草履は花緒を挿げる為の切込みがつま先部分と土踏まずのあたりに入っております。

そこから、花緒を締めて中に結び目を隠すのですが
雨の日や、水に濡れた道を歩くとその穴からどうしても水を吸い上げてしまいます。

 

つま先部分の切れ込み 前坪を結びます。

 

土踏まずとかかとの間の切れ込み

 

草履の中身はコルクで出来ています。花緒の芯は麻やナイロン麻で出来ています。
水に濡れると傷みは早くなりますし、お手入れも手間がかかります。
何より濡れたまま放置してしまうとカビ発生の原因にもなります。
一度カビが発生してしまうと、お直しする事は難しいので予防が大切となってきます。

 

この晴雨兼用草履は裏側の切れ込みの上からさらにゴムをあてて
水が直接切れ込みに触れないようにしてあります。
また普通のお草履の底に使われているクローム底よりゴム底は
水をはじくため染み込みにくいのです。

 

そのため水分が草履に入りにくく、万一急な雨に降られても
普通の草履より中が濡れません。その結果傷みにくくお手入れも簡単になります。

 

 

そして、裏のゴム底には、デザインが描かれております。
これによって接地面に凹凸が出来、ゴムの効果とあわさって
滑りにくくなっております。
雨の日は、濡れたところを歩くと怖いときがあります。
そんな時にこのお草履だと滑りにくく普通のお草履より
安心してお履き頂けます。

 


また、雨の日のお草履には専用の爪付き草履が定番です。
ただ、ちょっとした雨の日、お呼ばれやパーティー等に行く場合
会場の中で履くお履き替え用のお草履を別に持っていったりしませんか?
爪付き草履はとても便利なのですが、お集りの会場でそのままというのは
ちょっと困る場合があります。
そんな時にも晴雨兼用草履を使ってください。
ちょっと薄目の色合いの晴雨兼用をご用意頂ければ
見た目は普通のお草履と変わりませんのでそのままお履き替えが必要なく
お使い頂けます。

お草履のお色はお好みのお色を色見本からお選びいただきオーダーでお作りする事も可能です。お着物にあわせやすい使いやすいお色をおすすめします。

 


お客様によっては晴雨兼用草履の底面のゴムが普通のクローム底より
感触が良く履きやすいとおっしゃる方もいらっしゃいます。
もちろん、花緒の調整もしっかりとさせて頂きますので
安心してお履き頂けます。

 

雨の日だけで無く床が濡れやすい水場でのお仕事の時にもとても便利な
晴雨兼用草履。
まだお使いになられた事の無い方はぜひ一度お試しください。

 

お問い合わせ先
ぜん屋 本店 03-3571-3468

 

楽天市場店

https://item.rakuten.co.jp/ginza-zenya/c/0000000113/

 

夏のお草履 その2

夏の新作草履をもう一足ご紹介です。

新作 パナマリング

夏の定番パナマを使って新作草履をお仕立てしました。
パナマというと比較的シンプルなタイプが多かったのですが
今回は、ちょっと工夫して新しいデザインで作りました。

 


表部分のパナマの外側に型押の帆布ををリング状に
あわせてみました。パナマならではの涼しげな雰囲気はそのままに、
おしゃれで面白味のあるデザインになりました。

 

花緒には今回は塩沢紬を合わせました。
今回のような太目の生地の花緒を合わせても良いですし
パナマで作った花緒にしてもきれいだと思います。
花緒によってだいぶ雰囲気が変わります。
店頭でお好みの花緒を選んで頂けます。
夏のお出かけをより楽しくするぜん屋オリジナルの1足。
ぜひ早めにお問い合せください。

 

お問い合わせ先
ぜん屋 日本橋高島屋店 03-3211-4111
パナマリング
各45000円(税別)
※お花緒によって価格が変わります。

 

[素材] 芯はコルク、表面部分は主にパナマ、上記写真の花緒は塩沢紬。
[高さ] かかとの高さは約4.5センチです。
[用途] 付け下げ・小紋・紬・絣等